最近、インターネットだけでなくテレビや雑誌といったメディアでも、インフルエンサーという言葉を見聞きする事が珍しくないです。言葉自体は見聞きするものの、それが何を示す言葉なのかいまいち理解していない人も少なくなかったりします。
ちなみにインフルエンサーとは、ファンや支持者を多く抱えていて世間に与える影響が大きな人物を示す言葉です。もっともタレントの様な従来の有名人だけでなく、近年ではSNSのフォロワー数の多い人物に対してこの言葉が使われる事が多かったりします。同時にそんなインフルエンサーを利用して、高い宣伝効果を得ようとする企業も増えているのです。
インフルエンサーをビジネスに活用するメリットは、効率的にターゲットにアピール出来る可能性が高い事だったりします。というのもインフルエンサーの中には、ファッションやグルメ、旅行といった形で得意とするジャンルを持つ人物が多いです。そういったインフルエンサーのフォロワーの多くも、同じ分野に興味を持っていたりします。
だからこそアピールしたい商品やサービスの分野のインフルエンサーにPRして貰う事で、その分野に興味を持つフォロワーに効果的にアピールする事が可能です。ターゲットとなる層に効率的に商品やサービスをアピール出来るので、得られるPR効果も高かったりします。
更にインフルエンサーを用いたPRは、その人物の口コミという形で商品やサービスをレビューして貰う事になるのです。宣伝文句という形ではなく、インフルエンサー自身の言葉でフォロワーに拡散されるので受け入れて貰い易いという面もあります。
というのもインフルエンサーは、元々フォロワーにとって共感性の高い存在です。そのためインフルエンサーの口コミに関しても、好意的な意見を示してくれる可能性が高かったりします。しかもそれぞれのフォロワーが多くのユーザーとの繋がりを持っている事から、フォロワーのフォロワーという形で口コミが大きく広がって行く事も期待可能です。その上、SNSは国内だけでなく、海外のユーザーにも繋がっているので、口コミの拡散が海外にも波及する事が期待出来ます。
加えてインフルエンサーマーケティングは、ネットビジネスの一環としてネット上で行われる事になるのです。そのため単なる口コミとは違い、閲覧数やフォロー数という形でデータとして、どの程度の効果を発揮したかを確認出来ます。お陰でデータを分析する事で効果の有無を判断出来るだけでなく、より効果的なマーケティング手法を模索する事も可能です。